アウトフロントは創発ファシリテーション・協働イノベーションで、人を育て組織を変えるサービスを提供します。
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 書評

書評

「浄瑠璃を読もう」 橋本 治著

2019年45冊目。   文楽は人形に意識を持っていかれて、浄瑠璃には注意が向かなかった。なにを言っているのか分からないというのも大きな理由ですが。この本を読んで、「仮名手本忠臣蔵」はそういう物語だったのかと、認識が大き …

「日本占領史」 平塚柾著」

2019年43冊目。 アメリカの占領下の日本を写真で見せてくれる本。コテンパンにやられてほとんど何もなくなった日本、それでも日本人は精一杯生きようてしています。 各ページに収められた写真に写っている大人達の目の輝き、子供 …

「偉大な組織の最小抵抗経路」 ロバート・フリッツ著

2019年冊目。   ピーター・センゲの師匠のひとりであるロバート・フリッツ。センゲの「学習する組織」の重要なディシプリンである「共有ビジョン」について、それをどのように構築するのが良いのかが詳しく書かれています。そして …

「世界の陰謀・謀略論」

2019年39冊目。 世界は陰謀と謀略に満ちている。「陰謀・・・密かに企むはかりごと、謀反の計略」 「謀略・・・人を陥れるはかりごと」(広辞苑より)JFKの暗殺やダイアナ妃の事故死には、謀略説があり、前者に関しては、かな …

「忍びの作法」

2019年38冊目。 書店で目にして、伊賀出身の私は迷わず購入。巷間に広まっている、忍者についての誤った情報を修正してくれている。ありがたい。「手裏剣は持っていても1枚か2枚」・・・重いからね。「くノ一の衣装はなかった」 …

「未来への大分岐」

2019年37冊目。 刺激に満ちあふれた本でした。世界の仕組みが、あらゆる側面において大きく急速に変化しているこの時代。マイケル・ハートは、地球、資源、知識など全てのものを資本から取り戻し、人間が自ら管理していくという「 …

「今、心配されている環境問題は、実は心配いらないという、本当の話」武田邦彦著

2019年36冊目。 世間にはデマやフェイクニュースが蔓延して、真実が見えなくなっていることが多い。科学的に考えれば真実が見えてくる。これが、武田氏の主張の中核だと思う。 この本は地球温暖化のみにと留まらず、少子高齢化の …

「街場の平成論」 内田樹編

2019年34冊目。 内田樹氏が編集した平成論。トップバッターの内田氏は「平成とは日本の国運が隆盛から衰退に切り替わった転換期だった」と断じる。対米関係において、米国への従属から抜け出すことを目的として国民が活動していた …

「日本人が知るべき東アジアの地政学」 茂木誠著

2019年33冊目。   想像力をかき立てられ、地理と歴史好きの私には、とても面白かった。 地政学と言うよりも、東アジアの未来予測を地政学の観点から考えてみたという内容。 朝鮮半島は統一朝鮮となって、過去の被侵略と隷属の …

「Radical Candor」キム・スコット著

少し前に、日本語の「シリコンバレー式ずけずけ言う力」という本を「読む必要はない本」と評価した。しかし、その原書「Radical candor」はNYタイムズ紙のベストセラーなので、いったい何がおかしいのかと思い原書を取り …

1 2 3 8 »
PAGETOP
Copyright © 人材開発・組織開発のアウトフロント All Rights Reserved.