アウトフロントは創発ファシリテーション・協働イノベーションで、人を育て組織を変えるサービスを提供します。

Blog

世界情勢地図

2017年1月11日 これが今年の一冊目。フランスの地政学の権威と元外務大臣による地政学の入門書。日本が地政学上はどこに向かうのか、とても分かりやすい。トランプ大統領の登場の必然性と、そのインパクトの大きさも分かります。

真理の探究 佐々木閑と大栗博司の対話

2017年2月2日 「人生に生きる意味はない。生きる意味を見つけるのが人生だ。」「宇宙の中心に自分がいるという世界観が私たちの苦しみを生み出す根本原因だ。」良書です。  

バカ田大学講義録なのだ!

2017年2月3日 私も、なんらかの結果が出たときには、それが好ましくても好ましくなくても「これでいいのだ」と考えるようにしています。

サピエンス全史 ユヴァル・ア・ハラリ著

2017年3月6日 サピエンス全史読了。この本もとても面白かった。ホモ・サピエンスが起こした3つの革命、認知革命、農業革命、科学革命と、それぞれがホモ・サピエンスにどのような影響を与えたのか。われわれの幸せとは何なのか、 …

無意識と対話する方法 前野隆司と保井俊之の対談

2017年3月20日 今まさに読むべきだった本に出会った喜び。ダイアログは自分自身の無意識と対話することとみなし、アメリカで生まれたダイアログによって日本人が幸せになる途を考察する。二人の対談とそれを読む自分とがダイアロ …

反知性主義 アメリカが生んだ熱病の正体 森本あんり著

2017年4月6日 反知性主義とは、知性と権力の固定的な結びつきに対する反感であり、知的な特権階級が存在することへの反感である。この著者の定義を読むと、アメリカがヒラリー・クリントンではなく、ドナルド・トランプを選んだ理 …

遺伝子は変えられる エピジェネティクスの真実 シャロン・モアレム著

2017年5月18日 先端の遺伝子研究はここまで進んでいる、その内容が書いてある。例えば、遺伝子は確かに予め決まっているが、おそらく一連の刺激に対する異なる表現型を持っている。とか、我々の遺伝子は、過去のトラウマを心に刻 …

コンシャス・ビジネス フレッド・コフマン著

2017年6月5日 アルゼンチン出身のフレッド・コフマンが、仏教、チクセントミハイ、カルロス・カスタネダ、ビクトル・フランクル、老子などの考えを紡ぎ、仕事を自分の価値観を思いっ切り表現する手段にするための意識革命について …

世界で一番大切にしたい会社 ジョン・マッキー、ラジェンドラ・シソーディア著

2017年6月12日 ピーター・センゲのLOに始まり、ケン・ウィルバーがインテグラル・スピリチュアリティーで語った哲学、それを実践した企業はステークホルダーの統合、全ステークホルダーのWinを実現している。これがコンシャ …

心とはなにか 仏教の探求に学ぶ 竹村牧男著

2017年6月26日 人の心を、釈迦からアビダルマ、中観、唯識、大乗起信論はどのように捉えて来たのか、そして日本の独特な仏教、浄土宗、浄土真宗、禅宗、そして空海の真言宗、さらには鈴木大拙までの、心についての考察を解説し、 …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © 人材開発・組織開発のアウトフロント All Rights Reserved.