アウトフロントは創発ファシリテーション・協働イノベーションで、人を育て組織を変えるサービスを提供します。

Blog

電設会社でのコーチング研修(2018年3回目)

9月19日〜20日、生駒で世界規模の電設会社のマネージャー候補の皆様に コーチング研修を行いました。 現場からのたたき上げの50代半ばの人達、30代前半の学卒・院卒の人達。 みなさん真面目で学習意欲が高いことが特徴です。 …

「自意識と創り出す思考」 ロバート・フリッツ、ウェイン・S・アンダーセン著

2018.9.16. 「自意識の世界」とは、関心事が自分。自分のことをどう思うのか、自分はどんな集団のメンバーなのか、自分はどれだけ成功し、皆にどう思われているのか、に関心がある。 「素晴らしい自分」になりたいと思ってい …

マネージャー対象の「ストレスマネジメント研修」

9月14日は、酒造会社のマネージャーを対象に「ストレスマネジメント研修」を行いました。 この研修は2012年からスタートしたもので、インプロ役者とのロールプレイを行うのが特徴です。 一般的な傾向(鬱病を患う社員が増加ある …

給湯設備会社でキャプテンシー研修

8月29日は給湯設備会社で、リーダー候補の方々を対象にしたキャプテンシー研修でした。この研修は2日間研修なのですが、お客様の強いご要望で例外的に1日研修として行いました。 参加してくださった皆様は、レディネスが高く、期待 …

総合電気設備メーカーのコーチング研修

8月23日〜24日は総合電気設備メーカーの方たちへのコーチング研修でした。 今回の特徴は、参加者の皆様に海外赴任経験がある方が多かったことでした。 この会社は2005年頃から、海外事業の拡大に舵を切り、 工場建設、、合弁 …

「おもてなし幻想」 マシュー・ディクソン、ニック・トーマン、リック・デリン著

2017.8.22. 副題に「デジタル時代の顧客満足と収益の関係」とある。 ネットの発達と、デジタルネイティブな顧客の増加は、カスタマーサービスにおける顧客ロイヤルティ獲得に大きな変化を起こしている可能性がある。 そんな …

「Standing in the Fire」ラリー・ドレスラー著

2017.8.19. ラリー・ドレスラーの「Standing in the Fire」をコンセプトマップにしてみた。 組織を変革する場合には、組織の文化を変える必要があることが多いのだが、 この場合、支配グループがその文 …

「対話型組織開発」(第一章)

2018.8.18. 「対話型組織開発」は第一章で全体像のまとめをして、これに続く章では、基礎となっている理論と組織開発の実践例を説明して、 第一章の内容を深く掘り下げる構成になっています。 従って、第一章は、その内容を …

「対話型組織開発」ジャルバース・R・ブッシュ、ロバート・J・マーシャク著

2018.8.17. 日本語訳が出版されて話題になっている「対話型組織開発」は、 2週間前に読了したのですが、その後アーリック・ボーザーの「Learn Better」を読んだので、 彼のいう深い学びにするために、重要な章 …

「Learn Better」 アーリック・ボーザー著

2018.8.14. 「Learn Better」読了。 学びを深くするための6つのステップを提示し、様々な事例を用いて、そのステップが妥当であることを裏付けている。   6つのステップは、 1.価値を見いだす。 ・専門 …

1 2 3 9 »
PAGETOP
Copyright © 人材開発・組織開発のアウトフロント All Rights Reserved.